引越し業者への支払

引越しの費用と聞いて、真っ先に思い浮かぶのが引越し業者へ支払う費用という人も多いでしょう。
実際に、引越し費用の中で最も大きいウエイトを占めるのが引越し業者への支払であるという場合がほとんどのようです。

 

引越し専門業者の場合、各社ともほぼ同じ方法で計算されています。
内訳は3つ、基礎運賃・基礎作業料金と実費、付帯サービス料です。

 

基礎運賃・基礎作業料金は引越約款に基づいて計算されるため、法外な金額になることはありません。
引越し作業を基礎時間に則った時間制と、移動距離に則った距離制の二つで算出されるものです。

 

実費は、高速道路やフェリーなどを利用した際の料金やアルバイトなどの人件費、トラックをレンタルした時などはそのレンタル料などが含まれます。

交渉しても支払金額を下げることができないのがこの実費の部分です。

 

付帯サービス料については、たとえばピアノなどの特別なものの運搬やエアコンの取り付け・取り外し、不用品の処理、荷造りや荷解きなどのオプションサービスの料金です。
作業内容によっては、引越しを依頼した業者ではなく違う業者に依頼したほうが安くつくものもありますので、見積もりの際にそれも含めて見積もりを取っておくと後々比較して検討することができます。

 

ただし、見積もりをしっかり取っていても追加料金が発生する場合があります。
例えば新居の玄関の間口や階段が予想以上に狭く、大型家具の運び込みが難しい場合です。
引越約款にも定めがあり、引越し業者は専用機材や作業員の補充が必要になった場合、荷主の許可のもとに費用を請求できます。
またピストン輸送となった場合なども追加料金となることがありますので、契約時に確認しておくと安心です。

 

引越し専門業者へ支払う料金の平均

引越し専門業者を使っての引越しを決めたなら、業者への支払いの平均的な金額は誰しもが知りたくなるところです。
しかし、残念ながら引越し専門業者への支払額は、平均や相場といえるようなはっきりとした金額が出ないのが実情です。
というのも、家具の大きさや荷物の量だけでなく、引越しの時期や曜日、新居や旧居のエレベーター設備や、場合によっては引越し業者のトラックの空き具合などによっても、その料金には大きな差が出てくるからです。

 

それでもやはり、引越し専門業者に正式に現状見積もりをしてもらう前に、自分の荷物の量でどのくらいの費用が掛かるのかは把握しておきたい、ということも多いでしょう。
特に数社に見積もり依頼した内の1社目が来る時などは、金額の目安になるものがないので尚更です。
そのような時に便利なのが、引越しの一括見積もりサイトです。

 

自分の荷物の量を概算で入力するので、ある程度の金額が各社から提示されます。

サービス内容も様々ですので、最高値と最安値、そして全体の平均値を頭に入れておくことで、正式な見積もり時の目安になることでしょう。

 

ただし、やはり現場見積もりに勝る正確さはありません。
確かにその場での契約を迫られる強引な引越し専門業者もあり、現場見積もりは少々気が進まないということもあるかもしれませんが、現場見積もりをしないと、逆にオプションでの追加料金がたくさんついた引越し料金になりかねません。

 

一度きちんと現場見積もりをしてもらうのがおすすめです。
数社に見積もりを依頼し、サービスと料金を比較することで、お得に安心して引越しができるのです。

 

>>見積もりサイトの人気一番はやっぱり引越し侍です