引越しに先立ってしておくこと

引越しは、自分たちと家財のみを移動するのみに終わりません。
いろいろな手続きが発生し、それらを行うことで新居での生活基盤が整ったといえるでしょう。

 

引越し前にしておくべきこととして、まずは公的な手続きがあります。
同一市区内であれば住民異動届、他の市区への引越しの場合は住民転出届が必要です。
学校に通う子供がいる場合、現在の学校での手続きも必要です。
また、国民健康保険子ども手当などの福祉関係の手続きも、役所で一緒に行いましょう。
印鑑登録についても、登録証を旧居の市区へ返納する手続きが必要です。

 

また、郵便局へは郵便物転送の依頼をしておくことで、1年間郵便物を転送してくれるため便利です。
銀行への口座の変更などがある場合は、あらかじめ窓口で手配をしておきましょう。
保険やクレジットカード会社への手続きは、遅れると通知義務違反として扱われ、不利になる場合がありますので注意が必要です。

 

電気やガス、水道といったライフラインの手続きも必要です。

サービス停止日を連絡し、場合によっては新居でのサービス開始日も手配しておきます。
電話も引越しの手続きをし、インターネット環境が必要な場合はプロバイダーなどの引越し手続きを行います。
携帯電話会社の住所変更も忘れずしておきましょう。

 

原付がある場合は旧居の役所に廃車届を出して控えをもらいます。
また不用品の処分や売却するものは、なるべく早く準備に取り掛かりましょう。
定期購読している新聞、雑誌などがあれば、そちらにも連絡しておきましょう。
引越しの挨拶状も、あらかじめ準備しておけば引越しの後に慌てずに済みます。

 

住所を登録しているものがあれば、引越しに前後してすべてのものに変更が必要ですので、思いつくものをすべて書き出し、漏れの無いようにチェックしていくことが必要です。
引越しのあわただしさで引越し後に手続きを漏らしてしまうということも無いように、できるものは引越し前に手続きをしておくのがおすすめです。