海外への引越し

海外への引越しは、国内の引越しとは全く違いますので、引越しに慣れた人であっても注意が必要なことが多々あります。

 

引越し業者を選ぶにあたり、まず確認が必要なのは、国土交通省による外航運送に係る第二種貨物利用運送事業の認可を得ているかということです。

海外引越しは、国内での荷物の輸送から船便などの利用、現地への到着後は輸入通関を経て転居先への輸送となり、引越し業者の知識や経験が重視される部分が多いのです。
この認可はこれらすべてにおいて十分なサービスを提供可能であると認められた業者におりますので、業者決定の目安としてよいでしょう。

 

また、日本語サービスが必要な場合は、引越し業者に確認が必要です。
一般に大手業者は日本語サービスも安定している傾向がありますが、オプションとして付けたことにより引越し費用がかさむときもありますので、あらかじめ見積もりに加えておきましょう。

 

引越す際の荷造りにも注意が必要です。

国内の場合よりもさらに厳重な荷造りが必要になりますし、荷物が増えれば格段に料金も値上がりします。
現地で調達できるものは極力現地で購入し、荷物もできるだけコンパクトに少なくするのが費用削減のコツとなります。
また通関のための梱包明細書も必要になりますので、荷造りの際に並行して行っていくのが良いでしょう。

 

家電については、現地の状況の確認が必要です。
テレビなどは方式が違っていて使えない国もありますし、賃貸で備え付けの冷蔵庫などがあるということも多いようです。
蛇口の形状が違っていて使えない洗濯機を、わざわざ運ぶ必要もないでしょう。
ただ炊飯器だけは、海外では入手が難しい場合がありますので、必要とあらば送ることを検討してもいいかもしれません。

 

 海外への引越しの料金も、国内同様引越し業者によって差がありますので、やはり数社に見積もりを取ってみるのがおすすめです。
料金と内容を比較し、海外への引越しという不安にきちんと応えてくれる引越し業者を選ぶことは、とても重要になるでしょう。

 

>>見積もりサイトの人気一番はやっぱり引越し侍です